期間工@九州

九州のとあるメーカーの工場などで働く期間従業員たちが、寮生活や仕事のことについて教えます!

【トヨタ日産など】九州で期間工採用されるならここがオススメ

10代の方から40代の方まで、「短期間で驚くほど貯金ができる」と人気の期間工。



内定率も高く、住み込みで働けるため、思い立ったらすぐ飛び込めるのも魅力のお仕事です。



大手の国内自動車メーカーであれば、ほとんどの会社が期間従業員を募集していますが、この記事にたどり着いたアナタはこんな経験がありませんか?



「求人サイトで九州って検索したらヒットしたのに、面接だけで勤務地は本島だった」



「憧れのメーカーがあるけど、九州にも工場があるのか分からない」



自動車メーカーと言ってもいくつかあるので、その中から九州で採用されて自分に合った職場を探すのはなかなか骨が折れる作業だと思います。



そこで今回は、期間工を募集していて九州に工場があるメーカーの給料や待遇などの情報をまとめてみました!



九州で稼げる仕事を探す際の参考にどうぞ。



 



九州で働ける期間工三大メーカー



 



日産





日産 GT-R



日産では、日産自動車九州と日産車体九州という2つの会社で期間工を募集しています。



どちらも日産ですが、待遇に一部違いがありますので、注意してください。



たとえば、日産自動車九州では入社後、最初だけ1万円分のプリペイドカードがもらえます。



これは食費に充てることができるのでもちろん嬉しい特典なのですが、



日産車体九州では、毎月食事補助として1.5万円が支給されます。現金でもらえて額も多くてしかも毎月…お腹いっぱい食べたい若い方も満足ですね。



ですが、年収として見れば、どちらも400万~420万程度と、大きな差はありません(個人差はあります)。



なぜかというと、日産自動車では勤続手当という形で支給があったり、今は派遣会社を通して入社するともらえる祝い金の額が多かったりする事情があるためです。



また、この額は例えば横浜にある日産と比べても同水準になっています。時給は横浜だと1200円になりますが、その他の手当てに違いがあるのが理由です。



九州は賃金が低くなりやすい中で、関東とも年収が同じだと働く意欲が一層湧きますね。



他に違いがあるのは、就職後に住める寮に違いがあります。



日産は九州に富久寮白石寮という2つの寮を持っています。



富久寮は、完全1人個室で、共同の風呂にはサウナがあるなど、住みやすいと評判がいいです。



一方の白石寮では、基本的に相部屋になるため、プライベートにこだわる人にとっては住みづらい環境かもしれません。ですが、富久寮よりも食事が安いという魅力があります。



富久寮では朝、昼が約400円、夜では500円以上しますが、白石寮で食べると朝、昼が200円台、夜でも300円台とリーズナブルになっています。



 



トヨタ





レクサスIS 2017model(https://www.shaken110.com/)



続いて、世界を代表する自動車メーカー、トヨタの期間工について紹介します。



トヨタ自動車九州の工場は、福岡県宮若市にあります。



実は、国内で生産される高級車レクサスのほとんどがこの宮若工場で作られています。



期間工は仕事のやりがいを感じづらくなりやすい職業ですが、あのレクサスが自分の手で生み出されていると考えると、なんだかワクワクしますよね。



気になる給料ですが、トヨタの場合は少し低めで日給8500



他に目立ったオイシイ手当があるわけでもないため、給与の面では物足りないかなといった印象を受けます。



トヨタで働くメリットとしては、快適な寮に住めて、マイカー&タクシー通勤できる点でしょうか。



ワンルームの個室になっている寮は、最寄駅が博多駅から20分ほどの距離にあり、日々の生活には不便することは無いでしょう。



また、あ、かげぽんの期間工ブログだ!様の記事によると、この寮からタクシーで工場まで送迎があるようです。



タクシー通勤だなんて、カッコよすぎますね。



寮費が2万円ほど掛かってしまうので、憧れのレクサスを作り優雅に期間工ライフを満喫したいといった方にはトヨタ九州がオススメです。



 



ダイハツ





ダイハツ ミゼット



最後に、ダイハツ自動車九州について紹介します。



ダイハツ自動車九州大分工場の契約社員募集要項を見てみると、いくつか気になる点がありますね。



まず、必要な資格に普通自動車免許の記載があること。



期間工では車を運転することはないので他社では免許を必須資格に挙げているところはほとんどないのですが、ダイハツの場合は運転する機会があるのでしょうか。



完成車検査の工程で試運転とかするのでしょうかね?



そして、寮費が入社後3ヶ月間無料という記載。



トヨタもそうでしたが、九州の期間工では寮費を徴収する文化があるのでしょうか。



期間工のメリットのひとつに、寮費無料で生活費が極力抑えられることがあると思うので、何か理由があるのでしょうかね。



3ヶ月以降に毎月いくらかかるのかも気になります。



日給も年毎に上がるとはいえ、3年目でも9050と、関東や関西で働く際の平均くらいです。



満了金は出勤率97%と厳しめに設定されていますが、30ヶ月目からは15万円もらえるので、2年11ヶ月を満了すれば合計66万円もらえます。



ダイハツは正社員登用に特別力を入れているといったわけでもないので、どうしても大分で働きたいということでなければ、日産で働いたほうが稼げそうな印象ですね。



 



以上、ざっくりですが九州で働ける三大期間工メーカーの給料や待遇についてお伝えしました。



まとめると、



ガッツリ稼ぎたいのであれば日産、快適な環境でプライベートも充実させたいのであればトヨタがオススメ



になるのかなと思います!



全体的に九州は賃金が低めに設定されている傾向があるので、1円でも多く稼ぎたいのであれば、関西や関東の求人にも目を通してみるといいかも知れませんね。